クラウンセルクリームは薬局よりこのお店!

こういう方のためのクリームです!

クラウンセルクリームは、こういう悩みを持つ方のためのクリームです。

 

 

・良い乾燥対策が何かわからない

 

・高級ない美容液も乾燥肌に効果が出ない

 

・乳液や化粧水だけでは不十分

 

・肌の仕組みがわからず、有効なスキンケアがわからない

 

・肌荒れ、年齢肌などで悩んでいる

 

 

こうした肌トラブルは、誤ったスキンケアによりおこっています。
実は、肌に水分を与えるだけでは、
正しい乾燥対策にはなりません。

 

 

クラウンセルクリームは、正しい乾燥対策として
角質細胞と細胞間脂質をうるおすことで、
肌にしっとり潤いを与えることができます。

 

 

あなたも本当に正しいスキンケアを、
クラウンセルクリームで始めませんか?

 

 

83%オフのクラウンセルクリームはこちらです↓↓
クラウンセルクリーム

これが正しい乾燥肌対策法です!

貴方は、本当に正しい乾燥対策がわかりますか?
肌に水分を与えるだけでは、対策とはいえません。
水分はいずれ蒸発して乾くので、
乾いた後がかえってカピカピとなり、むしろ前より乾燥しやすくなります。

 

 

では、正しい乾燥対策とは何でしょうか?
これは、角質細胞と、細胞間脂質をうるおすことなのです。
従来の美容液などでは角質細胞だけで、
細胞間脂質を保湿することができませんでした。

 

 

細胞間脂質は水分の蒸発を防ぐので、
これを保湿することが乾燥対策では重要です。
クラウンセルクリームではセラミドなどを使って細胞間脂質を潤し、
肌のうるおいを保つ効果をもたらします。

 

 

あなたもクラウンセルクリームで、
本当に効果的な乾燥対策を始めませんか?

 

 

83%オフのクラウンセルクリームはこちらです↓↓
クラウンセルクリーム

クラウンセルクリームの成分

クラウンセルクリームでは、多くの成分が活躍します。
どの成分がどんな効果を持っているのでしょうか?
それは以下のとおりです。

 

 

・セラミド

 

細胞間脂質は水分の蒸発を防ぎますが、
その細胞間脂質の主成分がセラミドです。
このため、肌のうるおいをキープしてくれます。

 

 

・ヒアルロン酸

 

たくさんの水分を引き寄せる保水力を保つ成分で、
不足すると乾燥やシワなどが引き起こされます。
年齢とともに減っていくので、外から補うことが大事です。

 

 

・γリノレン酸

 

これも加齢とともに不足する成分で、
食事からはとるのが難しい成分です。
敏感肌に効果があると言われる成分です。

 

 

・PCA-Na

 

天然の保湿因子で、肌が作り出す天然のクリームのような役割があります。
このアミノ酸が肌に弾力と柔らかさをもたらします。

 

 

83%オフのクラウンセルクリームはこちらです↓↓
クラウンセルクリーム

肌のバリア機能はこうやって保つ!

肌のバリア機能はどうやって保たれるのか?
それには、ターンオーバーのサイクルがきちんと保たれている必要があります。
そのサイクルは28日間です。

 

 

肌が28日で細胞が生まれ変わることで、
細胞から細胞間脂質のもとができるので、
これが肌に水分を留め、乾燥を防いでくれるのです。

 

 

このためターンオーバーのサイクルが乱れると
細胞間脂質が不十分となり、
肌が乾燥してしまうことになるのです。

 

 

このため、セラミドなどの保湿成分を補って
肌のバリア機能を保つ必要が出てきます。
クラウンセルクリームでは、この効果で肌の乾燥を防ぐのです。

 

 

正しい保湿成分を与えるクラウンセルクリームで、
貴方も肌のうるおいを取り戻しませんか?

 

 

83%オフのクラウンセルクリームはこちらです↓↓
クラウンセルクリーム